2019年11月14日

「白銀の廃墟 玄の月」 小野不由美

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191012141146172_COVER
MVIMG_20191013_201142



昨年、発売が決定してから、あと半年、あと3ヶ月、あと1週間…と十二国記を心待ちにしておりました。



発売当日は台風が来て購入できず悶々とした一日を過ごし、ようやく手にしてもなんだか読むのがもったいなくて数日本棚に飾っていました。(笑)


でも、一度読んだら止まらない。

徹夜で読んでしまいました。

徹夜なんてしたら、次の日に支障があるはずなのにむしろ興奮と余韻で眠れない!!


こんなに心躍る日々を与えてくださった小野不由美さんに感謝です。



1、2、3巻と4巻のほぼ終わりまで辛く苦しい展開でした。

残り数ページでの怒涛の終わり方に色んなところをすっ飛ばして読み終えました。


もし天があって、天がこの世界を動かしているなら泰麒と驍宗に強くなってもらいたいという願いからの試練だったのでしょう。


これならわかる気がします。







うーこも大学に入ってから2年おきに試練がやってきます。
高校まではのんべんたらりと生きてきました。


大学に入ってすぐに円形脱毛症でハゲました。

このおかげで就活の厳しさをはねのけるほど強くなれました。


その2年後、就職先でお局様にしごかれました。
毎日ボロクソ言われ、スプーン投げられ(笑)、質問すれば無視され辛い半年でした。

でもやめる頃には一番の理解者となり、信頼できる仲になりました。


そしてまた2年後、急に仕事がなくなり無職になりました。
思いがけないことに焦り、今後の展望が見えないことに不安に押しつぶされそうでした。

けれど蓋を開けてみれば、今勤めている会社は定時で帰れて、夜は塾を手伝える毎日は最高です!





ここまで2年おきに試練がくると2年後は構えるものです。

「今年は試練が来るぞ!」と心のどこかで思っていました。でも今まで乗り越えてきたから大丈夫という余裕があったのも確かです。




まさか子宮頸がんで子供が産めない身体になるとはおもってもみませんでした。




この試練は2年たった今も乗り越えられていません。

インスタで友人の子供があがれば落ち込みます。


不倫した人間が出産した話を聞けば落ち込みます。






泰麒は強くなった。
麒麟としての枠を飛び越えて乗り越えた先に王を取り戻せた。

やはり試練には意味があるのだと教えられている気がします。

ならばこの苦しみにも必ず意味があるのだ。


泰麒は6、7年耐えた。


うーこもまだがんばる。









yukoandmogu at 12:50|PermalinkComments(0)日常 | 本棚

2019年11月06日

りんごのきんぴら

もぐおがパンケーキ食べたい、パンケーキ食べたいと吠えるのでハワイのお土産にパンケーキミックス買ってきた。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20191102105745274_COVER

塾の生徒から青森のりんごを頂いた。

その時、うーこはひらめいた!!

「パンケーキに手作りのりんごジャムをつけたらおいしそう!」

この時りんごに苦しめられることになるとはうーこはまだ知らない。






休日の朝、パンケーキを食べることに決めて前日の夜ジャム作り決行。

ちゃーんと、動画でレシピを見ましたよ。


①りんご2個を切る→塩水にさらす

②鍋にりんごと砂糖180gを入れる。

③レモン大さじ2杯加える。

…レモン家になかった…

(途中買い出しに走る。)

④30分煮る

できあがり。のはずだったのだが

IMG_20191103_202634

うーこのイメージのジャムと違う!

もっと煮詰めないと!

ということでここから2時間煮詰めました。




IMG_20191103_232753

ご覧の通り水分がなくなりカチコチになりました。

これはジャムじゃない!きんぴらだ!

「りんごのきんぴら」という新しい料理が出来上がりました。





翌日もぐおが「りんごのきんぴら」に爆笑しながら食べてくれました。
IMG_20191104_085356

p.s.母いわく煮詰めすぎたときは水ではなく紅茶でゆるめるといいそうです。

それを早く教えてよ。


yukoandmogu at 12:45|PermalinkComments(0)日常 

2019年09月09日

「項羽と劉邦」 司馬遼太郎

IMG_20190909_111525


ここ3ヶ月猛烈に司馬遼太郎の本を読んでいる。今読んでいる「この国のかたち」で7冊目だ。


歴史とくに幕末好きなうーこにはたまらない。「人斬り以蔵」、「幕末」、「馬上少年過ぐ」とどれもおもしろい。


特に面白かったのは「項羽と劉邦」だ。

中国の秦が滅んだあとの天下を決める壮絶な物語である。



中国の話なので難しい漢字が多いし、登場人物も多いので敬遠しがちだが、司馬遼太郎の文章は読みやすくわかりやすい。


人物一人一人の性格、思想、土地柄の違いや文化の違いあらゆる説明があるのでなぜこのような行動に至ったのかすんなりと入ってくる。


その当時の中国の"価値観"を書いてくれていることがポイントだと思う。


例えば中国では家族(親)を大事にする。


そんなの日本だって当たり前じゃないかと思うかもしれないが、中国は度を超えていると思う。



内容を抜粋すると…

・始皇帝の遺言に"息子の一人扶蘇は自害するよう書いてあったが為に息子は親の言うことは絶対だと自殺する。(偽の遺言書だったのだが…)


・項羽は敵の親を人質にしておきながら殺せないでいる。


・劉邦は荷車が軽くなるように親を生かすために息子たちは降りるべきだと車から投げ落とす。




中国では親が絶対的な存在であるという価値観を知らなければこの話に入り込むには難しかったかもしれない。



司馬遼太郎の文章は淡々と読んでいられるので疲れないし、知らなかったことを知れる喜びもあるのであの分厚い本がいつの間にか読み終わっている。



あぁ、司馬遼太郎が見ている目線で世界を見てみたいなぁ。

そのためにももっともっと読むぞ!


yukoandmogu at 18:04|PermalinkComments(0)本棚